チンコを大きくする方法で、おすすめのペニス増大サプリを探していませんか?

 

私も小さいチンコを大きくしたい!と思って、チンコを大きくする方法を色々試しました。

 

その中でも、結局「生活習慣の改善」が1番おススメだったんですよね。

 

そして生活習慣の改善と組み合わせることで、増大効果がめちゃくちゃ期待できるのが「ペニス増大サプリ」なんです。

 

このサイトでは「おすすめのペニス増大サプリ」の紹介に加えて、私が試した「チンコを大きくする方法」について解説していきます。

 

チンコを大きくしたい!っていう思いがあれば、絶対に役立ちますよ(^^

 

日本人の平均ペニスサイズについて

男性にとって自分のペニスのサイズが平均的なものなのかどうか、気になるのではないでしょうか。

 

日本人の平均ペニスサイズは、ペニスの長さが13.56センチ、亀頭部分の直径が3.53センチ、竿部分の直径が3.19センチというデータがあります。

 

正しい計測方法としては、直立した状態でペニスを水平にし、上部に沿って根元の恥骨から先端までをはかるのが、医学的に正しい計測方法となります。

 

日本人の平均ペニスサイズは13.56センチですが、巨根のイメージが強い黒人や欧米人はどうなっているのかというと、西アフリカ諸国が平均で16センチ以上、メキシコ・オーストラリア・ノルウェー・イタリアなどが14.7センチ、アメリカ・フランス・イギリス店ドイツが12.9~14.7センチとなっています。

 

勃起時に10センチ以上あれば女性からの不満はでにくいといえますが、何より大事なのはペニスの太さや長さよりも前戯や相性・持続力などが女性には高く評価されています。

 

また長さよりもカリの高さの方が重要で亀頭が大きい方がセックスをしていても気持ちがよく快感を得やすいと言われています。

 

ペニスを大きくする方法はいくつかありますが、増大サプリは即効性はありませんが、男性ホルモンの分泌を促進する作用がありますから、結果的に増大に役立ちます。

 

チンコを大きくする方法①チントレについて

ペニスが小さいことがコンプレックスの男性は、何とかしてチンコを大きくしたいと思っているのではないでしょうか。

 

生まれつきのものだからどうにもならないとあきらめている人もいるかもしれませんが、努力次第でペニスを大きくすることが期待できるのが「チントレ」です。

 

 

チントレは大きく分けて3つに分けられます。

 

  • ジェルキング
  • ミルキング
  • PC筋トレーニング

 

ジェルキングは血流をよくする効果が期待できるチントレで、半勃起の状態で行います。

 

摩擦による痛みを予防するためにペニスにオイルやローションなどを塗り、人差し指と親指で輪を作り、根元を握ります。

 

そなまま亀頭にゆっくりと血液を流すようなイメージで亀頭に向かって指をスライドさせていきます。

 

ミルキングもジェルキングと同様に半勃起状態で行うチントレで、人差し指と親指で輪を作りペニスの根元を握ります。次に中指から薬指、小指の順番に牛のお乳を絞るような感覚で20秒ずつペニスを握ります。

 

5分程度行うことで、亀頭へ血流を送ることができペニス増大へとつながります。

 

チントレは直接ペニスを触るだけではなく筋トレを行うことでも増大させることができます。

 

PC筋は恥骨と尾骨を支えている筋肉で、海綿体へと血液を送る際にポンプの役割をする働きがありますから、このPC筋を鍛えることでペニス増大効果が得られます。

 

鍛え方は肛門を5秒しめたあと5秒ゆるめるという動作を10回程度繰り返すだけですから、気がついた時に気軽に行うことができる筋トレです。

 

チンコを大きくする方法②ペニス増大手術について

チンコを大きくする方法の1つ、ペニス増大手術には脂肪吸引術や埋没陰茎長茎術、脂肪注入、ヒアルロン酸注入、シリコンやアクリル樹脂を注入といったさまざまな方法があります。

 

脂肪吸引術は、ペニスの根元に近い下腹部の脂肪を吸引することで、埋まっていたペニスの長さを出す手術です。2週間ほどはセックスやマスターベーションは禁止で、入浴は手術後2週間後の抜糸後から可能です。

 

埋没陰茎長茎術は、体内に埋もれている海綿体を出すために、恥骨から伸びている靭帯を解消することでペニス増大効果をはかることができます。

 

手術は状態によっては切開をせずに糸で望ましい位置に固定する埋没術が採用される場合があります。

 

ただ脂肪吸引術や埋没陰茎長茎術は、海綿体自体を大きくするわけではありませんから、勃起時のペニスを大きくする効果は期待できません。

 

脂肪注入は下腹部などから脂肪を採取し、それをペニスに注入する方法で、自分の細胞ですから定着率もよいというメリットがあります。

 

シリコンやアクリル樹脂を注入する方法は、太さや長さを出すことができる手術ですが、デリケートな部分に異物を挿入しますから事前のカウンセリングや医師の技術力が大変重要で、アフターフォローもしっかりとしたクリニックを選ぶことが大切です。

 

チンコを大きくする方法③ペニス増大器具について

チンコを大きくする方法には、増大ポンプなどの増大器具を使うという方法があります。

 

ペニス増大ポンプは専用の筒にペニスを挿入し、空気を真空状態にすることで海綿体に多くの血液を送りこむことができ、負荷をかけてペニスを鍛えていくことができます。

 

ペニスを長くしたい場合には、亀頭径の+3ミリ程度の太さに余裕がない筒を選ぶことで、ペニスが上に引っ張られて長くしていくことができます。

 

太くしたい場合には、亀頭径の+8ミリ程度の筒を選び引っ張ることで、横方向にも引っ張られて太くすることが可能です。

 

ただ気を付けないといけないことは、ペニスにあったサイズの筒を選ばないと皮が伸びてしまったり、亀頭が鬱血してあざになってしまう場合もありますから注意が必要です。

 

牽引型のペニス増大器具は、ペニスを引っ張って強制的に大きくする方法です。

 

引っ張ることでペニスを長くする効果は期待できますが、太さは変わりませんから細長いペニスになってしまうおそれがあります。

 

そのためペニスを全体的に大きくしたいという場合はポンプ式のペニス増大器具の方がおすすめです。

 

亀頭だけをピンポイントで大きくしたい場合は、竿の部分におなホールを隠して亀頭だけを露出するという方法もあります。

 

チンコを大きくする方法④ペニス増大サプリについて

チンコを大きくする方法で一番おすすなのが、このペニス増大サプリ。

 

成長ホルモンはさまざまな作用がありますが、ペニス増大にも効果が期待できます。

 

成長ホルモンというと思春期をピークに年齢を重ねるごとに減少してしまいますから、ペニス増大サプリで補ってあげることが大切です。

 

男性のペニス増大には成長ホルモンが欠かせませんから、アルギニンやシトルリンという成分をペニス増大サプリで積極的に摂取する必要があります。

 

アルギニンは成長ホルモンを活性化させる働きがある成分で、滋養強壮にも使われています。

 

また精力剤にも多く含まれているマカには、アルギニンが多く含まれていることがわかっていますから、成長ホルモンに作用し、ペニス増大や海綿体への血流を改善する効果もありますからおすすめです。

 

ペニス増大にはL-シトルリン、L-アルギニン、オルニチンがポイントで、ペニス増大サプリにはこれらの成分が入っているのが必須となります。

 

そのほかにも亜鉛やビタミンB群、トンカットアリ、クラチャイダムもペニス増大サプリに配合されていると、増大効果だけではなく精力剤としての効果も期待できるのでおすすめです。

 

ただどんなに成分が豊富に配合されているからといって、海外製のペニス増大サプリはあまりおすすめできません。

 

口に入れる商品ですから、最低でも品質が保証されているペニス増大サプリを選ぶようにしましょう。

 

チンコを大きくなる方法⑤生活習慣の改善について

ペニスを大きくするためにはチントレやペニス増大サプリなども重要ですが、生活習慣を改善することも大切です。

 

お酒を飲み過ぎると、肝臓でお酒を分解するためにエネルギーを消費してしまい、勃起しにくくなりますし、喫煙は血管が細くなってしまい、多くの血液をペニスに送り込むことができなくなってしまいます。

 

またどんなにサプリで栄養補給をしても、たばこを吸うと効果が薄れてしまいます。

 

また睡眠不足になると成長ホルモンの分泌が少なくなってしまいますし、自律神経にもよくありません。

 

そのほかにも、偏った食生活は栄養が偏ってしまいペニス増大にも悪影響を与えてしまいますから、栄養バランスの良い食生活を送ることも大切です。

 

ペニスを大きくするためには、神経を発達させて細胞分裂を起こす必要がありますから、最低限の運動をすることも大切です。

 

特に股関節や足腰の筋肉を活性化させることで、ペニス増大効果が期待できますから、スクワットなどの筋トレを行うなど、ちょっとしたことから始めるとよいでしょう。

 

スクワットはおなかと下半身の筋肉を鍛えることができ、テストステロンの分泌も期待できます。テストステロンが分泌すると、勃起の硬さにも影響しますからおすすめの筋トレです。